四日目。

この日は珍しく雨が降っていた。


雷付きの豪雨。

廃病院だからこそ、雨音と一緒に響くわ、響く。


寒さとて際立っていた。


「寒いでしょう」


寝台上の夏川に毛布をかけた。


ぱさりと。

夏川の体を見られないのは残念だが、風邪でも引かれたら後が大変だ。


雷がぴかりと鳴る。

昼だというのに暗い室内に光線色したものが、夏川の――恐怖に歪んだ顔を映し出した。


「ああ、確か。雷お嫌いでしたね」


この作品のキーワード
先生  生徒  鬼畜  監禁  洗脳  保険医  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。