「幽霊?」


監禁一周間目にしてまさかそんな。


「ああ、女の霊見たのですね」


「ちょ、知っているの!」


「知っているも何も、ここは廃病院ですよ。幽霊の一人や二人」


「先生、見えるんだ……」


「ええ、はっきりと」


夜な夜な胎児を探す霊がいるが、まさか夏川に見えるとは思わなかった。


ふむ、と夏川が眠る寝台にこしかけた。


「怖かった、ですか?」


頭を撫でて聞けば、頷かれた。


「先生なんとかしてよ」

「なんとか、ねぇ。まあ確かに、俺たちの世界は2人っきりでなければなりませんからね。あなたがそれを望むなら」


「望む、望むから」


「やはりやめました」


「はっ!」


涙目になる夏川。――楽しかった。


「いたらいたで、あなたは怖くて俺に自らすがる。幽霊に見せつけるのも楽しそうだ。どんな反応をするかも興味深いですし」


「や、やだ……」


「よがる魅力的なあなたもまた見ていたい」


この作品のキーワード
先生  生徒  鬼畜  監禁  洗脳  保険医  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。