人にはそれぞれ苦手なものがある。

かくいう俺も万能ではない。


パソコンのタイピングが遅い。教師として慣れなければならないが、未だに慣れなかった。


「先生……おそ」


「気が散ります、お静かに」


保険のプリント作成がために夏川の横でタイピングしたわけだが、自分でも分かっている。遅いと。


ただ教科書にある文字を写すだけというのに……


かち、かち、とやっていれば夏川があーもうっと騒ぎ出した。


この作品のキーワード
先生  生徒  鬼畜  監禁  洗脳  保険医  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。