何度も、何度も書き直した手紙。



感謝の気持ちを込めた下手くそな文章。



“きっと読んでる時に泣いちゃうかな…”

なんて、想像しながら書き綴った手紙…。




幸せを噛みしめながら、感謝の気持ちいっぱい込めた言葉で読むはずだった手紙…。





こんなはずじゃ…なかった……

こんなはずじゃ…なかった……



呪文のように繰り返した。




それでも私は笑顔でいた。


笑っていなければ、心が崩れてしまいそうだったから。



笑顔なんて忘れてしまいそうだったから。



だから、それでも私は笑っていたんだ。



感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。