嘔吐を続ける中、真吾が走ってきた。


『大丈夫かっ!?』

『…ッ、ここ、女子トイレなんだけど!?』

『あっ……!!!ご、ごめんなさいぃ!!!』



クスッと笑っちゃった。
確かに、真吾はいつも私を心配してくれて、笑顔をくれる。


けど…、もうそれだけじゃ、一緒にいられないよ……。



『倖知!?倖知!?背中擦ろうか?…あっ、でもオレ入れないや~。倖知大丈夫かぁ!?!?』

トイレの入り口から真吾は大声で言ってくれるんだけど…


『恥ずかしいから止めて…ゝ』





あっ…お母さんの声がする…。

『倖知?大丈夫?』

『お母さん…』

『ドレスでお腹絞めちゃってた?』

…違うんよ、お母さん。ドレスはちゃんとマタニティー用ので、お腹に負担はなかったもん。


きっと…私の弱さにお腹の中で怒って泣いてるんだ―――


『もう止まったから、大丈夫』




お母さん?
私は真吾と別れたい。

なんて言ったら、怒るかな?呆れるかな?
それとも…泣かしちゃうかな?


けど…今の私には真吾との未来が見えないんだ………





感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。