『由樹から聞いた事か…。確かに倖知に何も話てなくて不安にさせたのは謝る。本当にごめん。けど本当に本当にオレの子供じゃ…!!!』

『違うっ!!!!!!』




私が知らない真吾と由樹との過去。


確かに、由樹から聞いた話は私の心には衝撃が走った。




けど…私が別れを決意したのは…そんな過去の話が全てじゃない。


由樹との事は別れを決意した“きっかけ”にしかすぎない。





『違うよ…違うよ、真吾。例え由樹さんが言った事がデタラメだったとしても……』

『じゃあ!!じゃあ何なんだよ!!俺は倖知と別れるなんて考えられないんだよ!!!』

『…謝ったんだよ?私…』

『誰に??』

『幸せになれ…って泣いてくれたお父さんとお母さんに、私謝る事しか出来なかった…』





涙が一気に溢れだす。



感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。