きみのとなりに居られる 
それだけでも 

ものすごく 

幸せだった。

目次