★星空虹架さん★

わぁ…。・゚・(ノ∀`)・゚・。

泣いてくださったんですかぁ(/_;)

素敵なレビューをいただき、本当にありがとうございました♡

この物語を書いたのも、

もう4年も前だなんて…自分でもびっくりしています笑

いまでも星空虹架さんや読者様が

こうして過去の作品を読んでくださって、

温かいレビューやご感想をくださること、本当に幸せに思いますm(__)m

感謝してもしきれません!

本当にありがとうございます♡

この物語は、

“幸せになることをあきらめないでいたい”という想いを込めて

書かせていただきました。

人の数だけいろんな人生があって。

苦しいこと、悲しいこと、たくさんあると思うんです。

子供は親を選べませんし、家族も幸せな家族ばかりではないです。

つらい経験をすると、素直なそのままの自分でいることって

すごく難しいですよね。

この物語を読んでくださった方が、

ほんの少しでも前を向く気持ちになれるような、

自分のことや、好きな人を

大切にしたいと思えるようなラストにしたいと思いました!

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!!

次回作も楽しみにしてくださってうれしいです♪

準備を進めておりますので、もう少しお待ちいただけたら幸せですm(__)m

星空虹架さんの歩いていく道に、たくさんの幸せの花が咲いていますように…☆

白いゆき 16/11/13 19:40

★みくお。さん★

素敵なレビューをいただき、本当にありがとうございました♡

感動してくださったと、もったいないお言葉までいただきまして恐縮ですm(__)m

みくお。さんがおっしゃっていたように、

そばにいることだけがすべてじゃないのかなって…

きっと、いろんな愛の形があると思うんです。

未央の幸せを願う仁。

仁のために幸せになろうとする未央。

離れていても、ふたりの心はひとつで。

強く結ばれていて。

悲しい結末だったとは思うのですが、

ふたりの恋については、白いゆきなりの幸せな結末にしたつもりでした。

この物語を書いた理由は、

幸せを失っても、きっとまた幸せになれる…

そう信じたいなという気持ちがまずひとつありました。

世の中、つらいこと、悲しいことたくさんある中で、

そのままの自分で生きていくことはなかなか難しいかもしれませんが、

本当の自分でいられる場所。

本当の自分でいられる相手を見つけることって、

大切なことなんじゃないかなって思ったことも、この物語を書いた理由のひとつでした。

未熟な点も多かったと思いますが

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございましたm(__)m

みくお。さんの幸せを、心から願っております…☆

白いゆき 16/09/27 16:35

★結乃音さん★

こちらの作品にも素敵なご感想をいただき、

ほんとにありがとうございます(*´∀`*)

最後まで読んでくださって、

めっちゃ面白かっただなんて言ってもらえて

幸せです~♡

もう4年以上も前に書いた作品だなんて自分でもびっくりなんですが、

完結してから全く編集もしてなくて、

この作品はプロットもなく完結まで書き上げたものだったので

いろいろ未熟だったと思いますっ!

すみませんです(/ω\)

なかなか時間がないので難しいですが、いつか編集できるといいなと思います♡

この作品を書いた理由は、1つだけでした。

タイトルの「四つ葉のクローバーを君へ。」に込めた想いです。

「幸せを失っても、あきらめなければ

いつかまた、きっと幸せになれる…」

それがこの作品のすべてであり、伝えたい想いでした(*´∀`*)

物語は恋愛が中心ですが、事件の犯人は誰なのかという

ミステリー要素を入れてみたり、

運命に翻弄される4人のお話で、なかなか大変な思いをしましたが、

読者様の温かいご感想に励まされて、最後までがんばれました(*˘︶˘*).。.:*♡

たくさんの素敵なレビューもいただけた作品だったので

いまでは思い出深い作品にもなりました♡

作品を読んでいただけて、ほんとうにうれしかったです♡♡

素敵なご感想をありがとうございました!!

結乃音さんの毎日が、幸せでありますように…☆

白いゆき 16/08/28 00:15

★母空さん★

感動して泣いてくださったなんて、

温かいお言葉をいただき、本当に幸せです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

未央と仁の恋の結末は、

あとがきにも書かせていただきましたが

読者さまの想像していたハッピーエンドではなかったかもしれませんが、

白いゆきにとっては、悲しく切なくも幸せな終わり方になったと思っております。

タイトルに込めた想いが、この作品のすべてです。

相手を想うことの“幸せ”

相手が“幸せ”であることも、自分の“幸せ”

自分が“幸せ”になることが、誰かの“幸せ”にも繋がること

そのままの自分でいるというのは、

この悲しい世界ではなかなか難しいことかもしれませんが、

それでも本当の自分を見失ってしまったら、

自分が生きてる意味ってなんなのかなと、白いゆきは思うんです。

自分らしく、自分を生きる…

すごく大切なことなんじゃないかなって…♡

作品を通して、なにかそういう想いが少しでも伝えられたらいいなと思い、

この「四つ葉のクローバーを君へ。」を書かせていただきました。

母空さんがおっしゃってくださったように、

過去に読者さまから頂いたご感想でも、

この作品は、白いゆきの作品の中で1番泣けたって言ってくださる方がたくさんいて、

たくさんのレビューもいただき、すごくうれしかったのを覚えています♡

母空さんも、我慢したりため込んだり、つらいこともたくさんあると思います。

でも、幸せになるっていう気持ちだけは、どうか忘れないでください。

母空さんの幸せを、心から願っております!

未央たちの恋を、最後まで見守っていただき、本当にありがとうございました♡

四つ葉のクローバーを母空さんへ…☆

白いゆき 16/08/27 23:47

めっちゃ面白かったです。

面白かったですけど………

ゴチャゴチャしすぎな感じです。
もうゆいさんのことが片づいてそれで良かったと思います。
わざわざ仁まで絡めなくてもって感じです。

結乃音 16/08/20 17:39

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?