「 麗華、体調は? 」


「 ん~~・・ 」


「 ぁあ?なんだそれ 」




朝食が喉を通らずに
胃の中の全てを出したあたしは
未だに吐き気が止まらなくて




「 ・・・うそだろ? 」




龍弥に両手を伸ばした。




「 面倒な嫁だな 」




溜息をつきながらもあたしの前に
背中をだして ”ん” なんて言う彼は
本当に優しい旦那さん。




「 お前痩せろ 」


「 無理なこと言わないでっ 」


「 重い 」


「 言わないでっ 」




ノソノソとゆっくり歩くのは
あたしが重いからなのか、
気遣っているからなのかは
あたしには分からない。






この作品のキーワード
甘々  イケメン  夫婦  妊娠  出産  子供  切ない  溺愛  短編