紫さんが度々部屋を訪れて
あたしの様子を伺っては帰る。
1日に3回来たりする日もあった。





「 紫さん? 」


「 予定日が過ぎてるから
  いつキたっておかしくないの! 」





あたしよりピリピリしてるのは
それだけ心配してくれてるってことで、
眉間にシワを寄せて忙しそうに
家の中を走り回る姿を見て笑ってしまった。






「 当の本人がこれだけ余裕だと
  余計に心配になるのよね~・・ 」






あたしの向かい側のソファに座って
少し大きめの溜息をつく。
山本くんとはうまくいってるようで
左手の薬指には綺麗な指輪が光っていた。






「 やっぱり苦しいのかなぁ・・ 」


「 怖いの? 」


「 怖くないって言ったら嘘になるけど
  ・・・苦しいの度合いがわかんないから
  よくわかんない・・ 」


「 これだから天然は!!!! 」






この作品のキーワード
甘々  イケメン  夫婦  妊娠  出産  子供  切ない  溺愛  短編