ついさっきまでお腹の中にいた
小さな子供が、腕の中にいて
まだ残る痛みを忘れて泣いた。





意識が朦朧としてきて、
滲む視界の中、あたしの腕から
子供が小さなベッドへと移された。





「 ・・・・ッ 」







そこで、意識が途絶えた。











・・・・・・










・・・・・・・・・・・・












この作品のキーワード
甘々  イケメン  夫婦  妊娠  出産  子供  切ない  溺愛  短編