「 龍弥の声・・聞こえたよ 」





力なく笑う麗華の声は
今にも途切れてしまいそうなくらい
小さかった。





「 ガラス越しだったのに? 」





本当に、割ってしまいたかった。
痛みに悲痛の声をあげる麗華を見て
黙って見ているなんて、俺にはできない。





「 名前、呼んでくれたでしょ? 」





まだ視界がはっきりしないのか
薄目で俺を見て、やっぱり
力なく笑う。
やわらかい髪を撫でながら頷くと





「 声、聞こえたから、頑張れたの 」





”ありがとう”と、俺の手を握り返して
静かに涙を流した。






この作品のキーワード
甘々  イケメン  夫婦  妊娠  出産  子供  切ない  溺愛  短編