誘拐騒動の日から
雪乃は宮殿にカン詰めだった


雪乃が宮殿の外に出ようとすれば

「どちらへ?」


「…なりません。」

すぐに誰かが飛んできて
連れ戻される

マリモですら
雪乃の傍を離れず


雪乃のストレスはピークに達していた


「だぁぁぁ!!
もう、嫌だ!!
外に出たい!!散歩に行きたい!
一人にさせて!!」

ついに雪乃が限界を超えたのは
夕暮れも迫った時だった


「こんな時間に外へなど
なりません。

危険です。」


すぐにケシャの声が飛ぶ

「でも
ずっと閉じ込められてたら
頭おかしくなるよ。」


「…ですが…。」

クリスからの命で
雪乃を閉じ込めてるとはいえ
ケシャも雪乃に限界がきている事はわかっていた

この作品のキーワード
トリップ  異世界  胸キュン  銀髪  美形  王子様  野いちごGP   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。