あの告白現場を見てしまった翌日。
私のテンションは下がりっぱなしで…。


「はぁぁぁぁぁぁっ」


「…聞きたくないけど。どーした?」


「み、実(ミノリ)ィーっ! 私どうすればいいのかなぁ」


実とは、私の友達である。


「んななモン告れよ。桃!」

“桃”とは、私のあだ名である。
桃山だから“桃”…。


「って、はぁぁあっ!?」

「いいぢゃん。告っちゃえ告っちゃえ♪」


「む、無理」


「はぁ!? 桃、アンタ馬鹿? 舞緒先輩が誰かにとられてもいーんだ?」



「ヤダ。」


でも、勇気がないんだもん。


「あぁーあ。んなのパァっと玉砕しちゃばいーぢゃん! いつ告ったって結果は変わらないんだし。それにもうすぐ卒業ぢゃん…」




この作品のキーワード
幼なじみ  高校生  恋愛  留学  年上  遠距離  後悔  友達  短編