《野いちご限定小説》



野神苺愛ーノガミマイナー(20)

×


山下北斗ーヤマシタホクトー(26)


夢だった火消しの仕事。

警視総監の父親の意見に背き、やっと飛び込んだ夢の世界に、「お前、邪魔」と罵る男が現れた。


「火消しは下がってろ」
「新人の刑事(デカ)が出しゃばるんじゃないよ!!」

私の夢を邪魔するヤツは大嫌い!

なのにあいつは、今日も私の前に現れて―――……。



SINCE 2011.04.05    
第1部 END 04.09(同年)
第2部 END 04.11(同年)
第3部 END 04.14(同年)


※ この物語は、作者の妄想です。
自治体名も仕事内容なども事実と
異なりますので、“刑事ってこう
なんだー”と、思わないで下さい
。“こういう物語なんだ”と、お読み下さい ※

この作品のキーワード
警察官  消防士  刑事  機関員  結婚  喧嘩  別れ  妊娠  ライバル  野いちごGP 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。