この話は世の中に嫌気がさしている人や恋に臆病になっている人に少しでも希望を与える事が出来たら良いなと思い書きました。

実は中学校時代の私自身は中学校時代の香そのものです。

そして、この話の中で起こっている事の半分は私自身の実話です。

悲しい事に「俊也」という少年は実際にはおらず、空想の人物です。

世の中に嫌気がさしてる人に希望を与えつつ、恋愛に臆病になっている人にも希望を与え、幸せになって欲しい。

そういう意味で「俊也」を誕生させました。

そして、「嫉妬」に焦点を当て、書きました。

話の内容はあまり楽しいものではありませんが、少しでも、皆さんが前向きな気持ちになって頂けたら幸いです。

最後まで読んで下さった読者の皆さん、本当にありがとうございました。


中谷沙織

この作品のキーワード
嫉妬  妬み  嫌がらせ  悪口  恋愛  初恋  失恋  青春  学生  好きな人