「――こ、菜々子?」


付き添いに来ていてくれた、母の声で現実世界に引き戻される。


「…ごめん。ぼーっとしてた」


無理矢理笑顔を作って、軽くお腹を叩いた。


「やっぱり、お母さんが言ってた病気だったみたい」

「…そう」

「はは、仕方ないよね」


母は、何も言わない。

正直有り難かった。何も喋りたく無い、何も考えたくなかったから…

この作品のキーワード
短編  DV  浮気  病気  実話  トラウマ