彼はすでに約束の場所にいた。


『駅前の噴水の所で』と決めた場所で、ベンチに座って私を待っている。まだ約束の時間には早いのに、すでにいてくれた事が嬉しくてにやけてしまう。




ふと、私の悪戯心に火がついた。




ここで私がメールを送ったら、彼はどんな顔をするのだろう?

この作品のキーワード
短編  初デート  優しい嘘  メール