俺は夢を見ていた。


昔から何度も見ていた夢──



栗色に輝く、フワフワで長い髪の毛を揺らしながら

俺の目の前を走っている女の子。


ひたすら追い掛けて手を伸ばしても、絶対に届かなくて

彼女は無邪気に笑いながら遠ざかっていくんだ。



振り返って見せる笑顔はあの頃のまま。


幼い頃の、リリィ──