………………

孤児院に預けられた私。

「孤児」なんて年じゃない。

だけどこの街にはよくある。

親のいない子ども。

だから孤児院に預けられる。

「私はユーリ。貴方と同じぐらいの男の子がいるよ…おいで」

ちょっと小太りのおばさん。

黙ってついていく。

「名前は」

「アイリス…です」

「じゃあ、アリスだね」

「…………はい」

乗り気になれない。

なんせ、両親は目の前で行方不明。

そして一人。

バカップルだらけの街に置き去りをくらった。

「ログ」

ドンドンとノックしてユーリさんはドアを開けさせた。

「何者ぜよ」

背の高い人。

着物を着て、腰に刀。

厨2臭い奴。

私も人の事言えないか…。

背中というか腰には、

父からもらった包丁を潜めている。

抜いてはすぐに使える。

魚をおろすのも得意。

「ログ、こん子任せた」

「ユーリさん、そりゃないきに」

「標準語じゃないからわからない…じゃ」

あっさりと置き去りを食らった私。

この作品のキーワード
リア充爆発  負け犬  坂本龍馬  アホ