近所のコンビニで
どこにでもいる
少女を見かけた。

その少女は
突然
俺が運命の相手だと
言った。

「あなたが運命の人だと、信じてもいいですか?」

紺堂 ユキ(14)
中学2年生
×

「子供の相手をしてるほど、俺は暇じゃない。迷惑だ」

坂口 大地(30)


この気持ちが
恋 なのか
【同情】 なのか
依存 なのか
【好奇心】 なのか
愛されたいだけ なのか
【親心】 なのか


お互いに
わかっていなかったー…


1万pv突破!
ありがとうございます!






この作品のキーワード
歳の差  中学生  30歳  切ない    運命  セーラー服  スーツ