部屋にシエルと二人きり。


ラキはお茶をセットするとすぐに部屋を出ていってしまった。


今はシエルと向かい合ってソファーに座っている。


いつもより少し空気が重たい気がする。



『瑠花』

「ん?」

『…………』



話しかけてきたと思ったらまたすぐに黙ってしまった。


どうしたんだろう。



「何か言い辛いことなの?」

『今でも……元の世界へ戻りたいと思っているか?』

「えっ…………」

『俺なら瑠花を元の世界へ帰してあげられる』



まさかそんな事を聞かれるとは思っていなかったから私は返答に困った。






この作品のキーワード
バンパイア  ファンタジー  一途  甘い  美男美女  パープル14  王子様  お姫様  異世界  ヴァンパイア 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。