「相変わらずだなぁ」

二人は食事を終え、レストランを出た。

「次に会うのは結婚式ですね」

「そうだな」

「これからも、奥様の友達として、仲良くしてもらえますか?」

「ああ。元同僚としてもな」

「ありがと。じゃ」

「仕事、頑張れよ」

「うん」

「恋愛もな」

「うんっ」

二人は交差点で笑顔で手を振って別れた。

その交差点をたまたま食事をしながらレストランの窓から成田が見ていた。

「…」

そして、同じように窓から交差点を見た前迫が思わず呟いた。

「あ、元カレだ」