そんなこと思ってない…

すべては拓哉君を

振るためだよ

なんかイライラする。

「ねぇ拓哉君?
私と別れて欲しいの」

言えた。ずっと言いたかった

言葉。