――――『よいか、動きだけで楽しませる。魅せることが仕事なんだ。』



この言葉を教えてもらって、私はこの仕事が好きになった。




―――
――――
―――――…




「さあ続いては、天才軽業師!【カエデ】の演技です!」


私はその言葉と共に、明るいステージへと出る。



私は観客にお辞儀をし、梯子を上り、地上30メートルにある縄に足をかける。



私、柴田楓(シバタカエデ)は、このサーカスで、軽業師をしている。


18才だが、天才だとか言われているが、私は本物の天才をこの目で見たことがあるから、自分が天才とは思わない。




今、縄の上を歩いている。

縄がギシギシ鳴らないように、落ちないように、でも軽やかに。






この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。