そして、
夜が明けた。


まだ白い月が空に残っている早朝だが、店はもう開いている。

楓は、あてもなくブラブラとさまよっていた。



「お腹すいたな…。」


鳴りそうなお腹を押さえる。

思えば、昨日から何も食べていないのだ。


どうやって食料を確保しようか迷っていると




「おいおい、どうしてくれんだ?着物が台無しじゃねぇか!」


「す、すみません…!」


「すみませんでこの着物は綺麗にならねーんだよ!」



甘味屋で、揉め事がおこったらしい。

店の女の人が、お客さんにお茶をかけてしまったらしい。





この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。