楓は、すぐ隣の土方の部屋の前で、襖を開けようか開けまいか悩んでいた。


(どうやって入ろう…。「お久しぶりです」、みたいな?それとも何事もなかったのように「こんにちは!」?やっぱり出直そうかな…)


襖の前を行ったり来たりしながら考えていると


「おい…、なにやってんだ?入ってこい。」


カラッと襖が開いて、土方が呆れたような顔をして立っていた。


「あ、…す、すみません。」


土方は無言で部屋の中に戻っていくので、楓は小声で「おじゃまします」と言って、中に入った。

そして、向かい合って座ったのはいいものの…


「………。」

「………。」


なんだか気まずく、お互いに無言になっていた。


この沈黙を打ち破り、先に口を開いたのは


「もう、大丈夫なのか」


土方だった。

その一言に、楓は笑って答える。


「大丈夫、です。ご心配おかけしました。」




この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。