――――――…




「さて、話を聞こうか。」


胡座を組んで、そう言う土方と、うんざりした顔の楓。


そして



「土方さん?この子ですか、面白い人って。土方さんが気に入ったって言うから、女だと思ってたけど……男だったんですね。」


「うっせーよ、総司。俺は女好きじゃねぇよ。」



総司、と呼ばれた美少年。


そう、この美少年こそ、沖田総司。

天才と言われる剣客。




(“天才”か。この人は、…。)


―――強い。


体じゃなく、心が。







この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。