――
―――
――――…



次の日
楓は、朝ご飯を食べた後、土方の部屋にきていた。


「あの、いいんですか?お父さんと一緒に、一つの部屋を使って…。」


そう、
楓と克には一つの部屋が与えられた。

しかし克は昨夜から近藤に拉致されているので、実質、楓が一人で使っているような感じだった。



「あぁ、いいんだよ。元々、物置にしようとしていた部屋で、空いていたんだ。気にせず使え。」


「はい…。ありがとうございます。」


「それに、部屋は隣なんだ。なんかあったら、すぐに来い。」


「はい。」



優しいな、と楓は思う。

タイムスリップして、
不安で、不安で

最初は逃げて。


追いかけてくるものだから、
逃げてしまって。





この作品のキーワード
新撰組  新選組  軽業師  黒猫  トリップ  時空移動  戦い   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。