純白のドレスに身を包み、ただただ笑顔でいた。

全てが進行通りにいっている。

何の問題もない。

無理矢理出席させたお兄ちゃんは、やっぱりお父さんと険悪だけど、それは目を瞑る。

どうにか仲直りしてほしい。

まぁ、無理だろうけど…。

「美波さん、ホントに綺麗ね」

見たことない奥様に言われて、愛想笑いしておく。

知らない人ばっかり。

病院の関連の人たち。

地域の有力者。

医療メーカーの人。

なんでもあり。

だから、正直、これは私たちの式じゃないって思ってる。

家と家のつながりのこと。

両親への手紙、なんてプログラムもない。

みんなそれぞれが名刺交換。

ゴマのすり合い。

なんのための披露宴なんだか。

はー…つまんない。

目の前の御馳走に手をつけようとすると、悠ちゃんが腕を引く。

無言で、目でものを言う。

……はい。

だめだよってコトね。

ただのお人形と化した一日。

ひな壇のお雛様状態?

この作品のキーワード
セレブ  医者  結婚  婚約    政略結婚  年上  留学  ドクター  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。