「なんか寒くない?」

「そうか?クーラーの温度設定、上げてもいいよ」

今年の夏も猛暑。

クーラーはガンガン。

部屋の中と外との温度差が激しい。

そのせいかな?

ちょっとカゼっぽいかも。

なんだか、身体がだるい。

夏風邪はバカがひくっていうから、あんまり認めたくないけど。

騙し騙しで3日経つ。

食欲もなくなってきた。

だけど、早く治さなきゃ、再来週にはアメリカに発つんだから…。







朝、もう起きなきゃいけない時間なのに、体が動かない。

そういえば、悠ちゃんは先に起きたみたいで、すでにいない。

妻失格だ…。

のろのろとリビングに行くと、悠ちゃんはもう家を出るところだった。

「寝てていいよ」

「でも…」

「やっぱり風邪か?ちょっと熱ありそうだし」

悠ちゃんの大きな手が、私の額に触れた。

ちょっとヒンヤリして心地いい。

「大人しく寝てなさい」

そう諭されて、ベッドルームに帰されてしまう。

「行けそうなら病院に行って…」

「ぜったいヤダ!」

「病院の娘のくせに、なんでこう病院嫌いなの?」

悠ちゃんは苦笑いしながら玄関を出て行った。

この作品のキーワード
セレブ  医者  結婚  婚約    政略結婚  年上  留学  ドクター  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。