私は貴方に告白され、付き合うことになった。

最初なんて、好きじゃなかったのに。

なのに....。

いつのまにか、本気で好きになっていた。

もう、貴方が大好きなのに。

[身体目当て]

それは過酷でむなしい

最悪の、関係だった。


貴方にはじめて抱かれた日は

せつなくむなしい日でした------。

***

「.....好きッ...」

あたしたち二人には禁句。
TABOO。

だってあたしの気持ちを知ったら貴方は..いなくなるでしょ..?

貴方といたくて私はまた貴方に抱かれる

***


※はずかしながら、実話です。
※性描写あり。純愛でもある


読者様31人

この作品のキーワード
身体  身体だけの愛  純愛  体目当て  ベッド  実話  身体目当て