華氏


水が凍る温度を32°、水が沸騰するのを212°、その間を180分割していることを指す


35.8℃(96.4°F)

「仕事してください、部長」

ひんやりと冷たい彼女の心と体を



36.5℃(97.7°F)

「するよ?君がキスしてくれたら」

俺の体温で溶かしたい。



二人きりのオフィスで何度も唇を重ねた。

(と言うか強引に奪った)




「愛してる。瑠華」



何度も彼女の名前を囁き、愛を語った。



それなのに



近すぎる距離は互いを傷つけ


すれ違う想いはやがて距離をも遠のける。


やがて二人の間に生じる温度差。



すれ違った二つの想いの裏で、不穏な動きがうごめく。


二大勢力の派閥争いが、今始まろうとしている。




こんなにも……


好きなのに。






何故君は


こんなにも遠い




大人の危険なLove story.



**********************************

Fahrenheit -華氏- の第二部です☆



この作品のキーワード
オフィスラブ  社内恋愛  秘密  オッドアイ  大人の恋  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。