そして、奇跡的に一人で
何回も来てくれる様に
なって。


タイミングを見計らって、
挨拶するようにしたんです。


僕を、認識してほしいから。


・・でも、多分苺さんは
2、3歳年下だし、


僕なんて眼中になんか
ないんだろうなぁ、とも思うんです。

この作品のキーワード
佐々木ふゆ  短編  敬語キャラ  年下  ケーキ屋さん  思いつき  やらかした  スピンオフ