ずっとずっと好きだった

誰が何を言っても

私の気持ちが変わること

なんて無いだろう…


なのになぜこんな私を置いて

貴方はたった一人で空へと

旅立ってしまったの。

今日は雲一つ無く

夜空の星が綺麗に見える

きっとあのキラキラと輝く

星達の中に貴方は居るんだね。


夜空の星が綺麗に見える日には

私の頬に滴が流れる…


毎日雪のように降り積もる

伝える事の出来ない

この思いを抱いて――





6月20日書き始め。

目次