優人さんは手際よく湿布を貼ると、あたしの隣に腰掛けてきた。




そしてあたしを見つめてくる。




優人さんの綺麗な瞳に見つめられるだけで、胸が苦しくなる…。




「乃愛…ごめんな。今日、もっと早く行ってやれなくて」




優人さんはギュッとあたしを強く抱き締めてきた。




逞しい腕に包まれ、あたしはすごく落ち着けた。




「ううん…。優人さんが助けてくれたから…これくらいの痣で済んだんだよ?ありがと……」




あたしは優人さんの背中に腕を回し、ギュッとしがみついた。




好き。




この人が大好き……。




「ありがとな、乃愛。乃愛は本当に優しい子だな」




優人さんはあたしの頭を撫でながら囁いた。