「んっ…長谷川、さ……」




「……っ…乃愛…」




歪んだ表情。




ベッドが激しく軋む度に、部屋中にあたしの声が響いて…。













あたしはいつの間にか意識を手放していた……。