「体、大丈夫…?もしかして初めて…じゃないよな?」




長谷川さんはあたしの肩を撫でながら優しく聞いてくれる。




「あ…初めてでは…ないです…。」



あたしは遠慮がちに長谷川さんを見つめながら言った。




「そっか。でも…乃愛めちゃくちゃ可愛いから、マジで理性が飛びそうだったよ…」




「……っ…////」




思わず顔を赤くしたあたしに長谷川さんは悪戯っぽく笑った。




「あのさ…順序違うけど……俺と付き合って欲しい」




あ…そっか。
告白より先にエッチしちゃったもんね。




「あたしで良ければ…よろしくお願いします……」




あたしがそう言うと、長谷川さんは嬉しそうにあたしを抱きすくめた。




「良かった…。フラれたらどうしようかと思ったよ…」




あたしの頭にチュッとキスを落としながら言う長谷川さん。




「そんなことないですよ。あたし…もうあなたしか見えてません」



あたしはそう言って長谷川さんの首筋にキスをした。