「お疲れ様でしたー」

着替えを済ませ、あいさつをしながら厨房を出る。

本日の業務はこれにて終了。

外に出ると、暑い風が躰を包んだ。

クーラーですっかり冷えてしまった躰にはちょうどよかった。

暦はようやく7月に入ったばかり。

けど、天気予報によると梅雨はまだ明けていないそうだ。

「晴れの日が続いてるんだったら明けてもいいんじゃないかしら」

千広は呟くと、見あげた。

すでに真っ黒に染まっている空。

その空に浮かんでいるのは、銀色の月。

「今日は半月か…」

千広は月を見ると、呟いた。

この作品のキーワード
女子大生  御曹司  秘密  偽装結婚  大人  バイト  歩道橋  切ない  胸キュン  ドキドキ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。