「ここどこ…?」



今私の目の前には
大きな大きな豪邸が
建っていた。


車に乗せられた私は
しばらく走った後
高級住宅街に入った。



そして着いたのが
ここだった。


「行くぞ。」


「わっ!」



男は私の腰に手を回し屋敷内へ入っていった。

この作品のキーワード
御曹司  貧乏  王子    イケメン  美少女  激甘  鬼畜  歳の差  メイド