「ただいま~!」


「おー、お帰り理央奈…って、そいつは……?」

遥は、愛美を見て不思議そうな顔をする。


そんな遥に、愛美は元気よく自己紹介をした。


「理央奈ちゃんのお友達の、伊原愛美って言います!」


「へー、お前が理央奈の……。ゆっくりしてけよ」


遥は、愛美にフッと微笑む。


そんな遥に、愛美は微かに頬を染めた。