忍は、小学校が終わり帰る道を1人歩いていた。

「そこの君、ちょっと良いかな?」


「えっ?」


後ろから声をかけられ、忍が後ろを振り向く。
















…―ガンッ。