「紗雪、そこ座んなさい」

「え、ナニ?」


珍しく両親が思い詰めたような顔をしているので少し不安な顔で紗雪は両親の前に座った


「あのな、紗雪…」


父親から発された言葉は予想もできなかった言葉で、紗雪は家を抜け出してただ走った。現実から逃げるように。





この作品のキーワード
遠距離恋愛  短編  バカップル  ツンデレ  デレデレ  恋愛