都筑さんのマンションは、まん前に立ったら、首が痛くなるまで見上げなきゃいけないくらい、背の高いマンションだった。

 セキュリティーも充実してるのか、暗証番号入力が必要な入り口。茶色い綺麗な外壁のマンションは、自然を重視したマンションなのか、たくさんの木が植えられ、都会にしては緑豊かな、広々とした空間が広がっている。

 まさに『凄い』の一言。マジですか!? なんて思った私は、外観がコレって事は部屋ん中も凄そう……。と、思った。

 そんな私の予想は的中で、実際に部屋を見てみれば、やっぱり凄いって言葉しか出ないくらい。いや、ビックリしてしまって、思った言葉も口には出来なかったんだけどね。

 広々としていて、綺麗な部屋は、私と母が暮らしていた狭いアパートとは大違い。信じられないわ……。こんな所で一人暮らしのつもりだったの?? 

 私は玄関でボーゼンとする。贅沢すぎるんじゃないの? 

 デザイナーズマンションって言うの? 凄くオシャレな内装。 オフホワイトの優しい色合いの壁に、電気をつけるスイッチですらも、なんかアンティークっぽいって言うか、普通のマンションじゃないでしょ? って感じ。

 広い玄関はまた、部屋との区切りがカーブを描くようになっていて、いちいちオシャレに作られている。無駄な靴も出されていないからまた、モデルルームみたいって言うかなんと言うか……。

 しかも、たぶん奥が、リビング。トイレやバスルームだと思われるドアとは別に、左右にドアが1つずつと、ドアの数も多い。 それも部屋なわけ? 廊下の長さから言うと、普通に、部屋も広い。

 こりゃ、どう見ても1人で住むような場所ではないのでは? と、思うのですが……。



この作品のキーワード
長編  シリアス  社長  身分差  メイド  プロポーズ  ビー玉  年の差  甘切  遺言 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。