「倉木~」


「あ、ミカコ。おはよ」


遅刻魔の倉木は今日もホームルームが終わった頃に登校してきた。

倉木はハンドボール部に所属しているから、髪も短いし日焼けしてて健康的な肌をしている。元々整った顔をしているので、女子のファンが多かったりもする。




「おはよ。ね、倉木聞いて!」

あたしは今朝あった出来事を彼女に話したくて仕方ないのだ。



「なにー?今日、朝ごはん食いっぱぐれてるから機嫌悪いよ」

あらま。タイミング悪いなー、もう。



「片桐くんがね、」

「片桐ー?あたしの興味ない類の話か」


そう、この子、恋愛に興味ないんです(泣)



「お願い!倉木!これだけ聞いて!」


「あーうざい」


「倉木~」

あたしは倉木のセーラー服の袖を引っ張りまくった。


この作品のキーワード
草食系男子  肉食系男子  誘惑  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。