ある日突然、


「実はね、あなたには許婚が居るのよ」


と、親が言ってきた。


「で、彼と一緒に住んでね」


しかも、いきなりの同棲……!?




「親戚の子を預かってるってことにしよっか」


しかもしかも、その男は私よりも年上で……、


「“彼女”の前ではそれらしく振る舞ってね」


……恋人が、居る。




―――――――――――――――――


ある日突然書き直したくなり、

大幅に変更しながら書き上げました。


よかったら読んでみてくださいねー ノシ




この作品のキーワード
二人暮らし  歳の差  許婚  高校生  社会人  完結