【 前へ……――。 】




私たちは、ずっと一緒に居られる。

出会った時よりも、ずっとずっと近くに居られる。


これから先も、ずっと……――。




お互いのぬくもりを感じながら、私と浩介さんはハッピーな毎日を送っていた。


そして、私たちが想いを伝え合ったあの日の、10日後。






「あれ?」




学校から帰ってきて、郵便ポストの中を確認した時……『それ』を見つけた。




「これって、エアメールってやつだよね」




赤と青の“ふち”がついた独特の封筒。
実物を見たことはなかったけど、よくドラマとかで見かけるやつだ。


ローマ字で色々書いてあって、よくわかんないけど……ジーッと文字を見つめて、気付く。




「……お母さんが、浩介さんに?」




差出人のところに、私のお母さんの名前……『高村 良子(タカムラ リョウコ)』と、ローマ字で確かに書いてある。

そして受取人は、『滝川 浩介』と、ハッキリ書いてある。


……私のお母さんが、どうして浩介さんに手紙を?

私との生活のことを聞くため? それとも、『何か別の理由』で手紙を……?




「……勝手に開けるのは、よくないよね」




差出人がお母さんだとしても、私が勝手に開けるのはダメだよね。

浩介さんに届いたものなんだから、浩介さんが開けなくちゃいけないもん。


だから、浩介さんが帰ってくるまで待とう。

帰ってきたら一緒に中を見よう。 と、そう思いながら家の中に入った。


この作品のキーワード
二人暮らし  歳の差  許婚  高校生  社会人  完結