【 数年後 】






――……あれから数年が経ち、

私は19歳になり、浩介さんは31歳となった。




私たちは年に2、3度しか会えなかったけど、それでもお互いを想う気持ちは変わらず……というか、逆に強くなっていった。




「じゃあ、いってきまーす」

「はーい、いってらっしゃーい」




お母さんに挨拶して、家をあとにする。


今日私は、日本に帰る。

……といっても、今日は色々な手続きをしに行くだけなんだけどね。


アメリカという大きな国で必死に勉強して、そしてがむしゃらにバイトしてお金を貯めて過ごしてきた私は、

最近ようやく、日本へ帰るお許しが出た。


この作品のキーワード
二人暮らし  歳の差  許婚  高校生  社会人  完結