【 許婚に見せてしまったモノ 】




晴美さんと会った日の、数日後。


浩介さんとの暮らしにはだいぶ慣れてきたし、生活リズムもなんとか取れるようになった。

……不安だったけど、案外なんとかなるものだ。


家に居る時の浩介さんはほとんど仕事部屋に居て、顔を合わせるのはご飯の時くらい。

だから浩介さんのことはあまり気にならず、割りと自由に生活出来るんだよね。


むしろ、親からの干渉がない分、かなり楽しくて幸せな生活。

浩介さんも、私のことは全然気にしてないみたい。 本当に、自由だ。




……だけど、自由を味わっていた代償なのか……突然、体調が悪くなってしまった。


この作品のキーワード
二人暮らし  歳の差  許婚  高校生  社会人  完結