『…愛してる』


寂しそうに、でも、嬉しそうに笑う慶斗の手を握る。


『俺も…愛してる』




慶斗の『愛してる』を
あと何回聞けるのだろうか…



つい、そんなことを考えてしまう。